そこに聖霊 ふりそそぐ

  主日にゆく教会の一日を書いてみました。「教会の門をくぐり、 教会の門を去る」、たった5分で書いてしまいました。ですから粗 製な詩ではありますが、わかりやすいと思います。
 なぜこんなに早くできたかといいますと、いつも私が考えていた ことをまとめただけだからです。でも『そこに聖霊ふりそそぐ』、これは私の気に入った言葉です。
 いい曲をつけていただき、うれしさと感謝でいっぱいです。
 友だちがいいました。
「加藤さんがいなくなっても、この歌が教会で歌いつがれるってことよ」。
 正に継承ですね。

加藤 文子

▲オリジナル会衆讃歌TOPに戻る