神の燃える光と愛は

 聖霊は、全ての人が、気付かない時でさえ、溢れるばかりのシャ ワーの様に天から降り注いでいます。ましてや望む人、呼び求める人、信じる人には、なおさらです。
 両手を広げ天を仰ぎ「主よ! 主よ!」と言ったとき、自然と胸 が熱くなり、涙が溢れ出します。その時、心の中心に主がおられま す。感謝の気持ちになります。

 天草、島原、長崎等の数多くの殉教者は100年もの間、拷問、 迫害に戦いぬ きました。炎のような信仰と命で主を愛し、母を愛し、死を喜びとして受け入れました。主が共にいて下さったからです。

 私達も熱き心で主を愛したいのですが、弱き者です。殉教者は天 から主を助け求める人に手を差しのべて下さいます。一緒に天に帰 れるよう、導いて下さる教会を通して働いて下さっています。

辻 義子

▲オリジナル会衆讃歌TOPに戻る