謝の讃歌(2)注釈

天使の歌と人間の歌がミックスされている歌詞の構成

年間主日
 聖なる父、全能永遠の神、いつどこでも主・キリストによって賛美と感 謝をささげることは、まことにとうとい大切な務め(です)。
 主・キリストは過越の神秘によって偉大なわざをなしとげられ、わた したちを罪と死のくびきから栄光にお召しになりました。わたしたちは いま、選ばれた種族、神に仕える祭司、神聖な民族、あがなわれた国民 と呼ばれ、やみから光へ移してくださったあなたの力を世界に告げ知ら せます。
 神の威光をあがめ、権能を敬うすべての天使とともに、わたしたちも あなたの栄光を終わりなくほめ歌います。

年間主日。
  聖なる父、全能永遠の神、主・キリストによっていつもあなたをたたえ ます。
 あなたはすべての人を救うために、御子をこの世にお遣わしになり、 人となられた御子は、その生と死を通 してわたしたちにいのちをもたら し、死の淵に沈んでいた人類を解放してくださいました。
 み前であなたを礼拝する天使とともに、救いの恵みをたたえ、わたし たちも感謝の賛歌をささげます。